絶滅危惧種に関する前提を覆そうという大胆な方とのやりとり

― 百田さんと菊池さんの発言についての論評へのレスから始まる不毛なやりとり― 百田さんと菊池さん、両者たいへんよく似た理屈の発言。 pic.twitter.com/E0bCKd0d46 — もうれつ先生 (@discusao) March 23, 2019 意味が取りにくいレスだが、一般論的な文脈(す…

対談「テクノロジーは医療問題を解決できるか」についての荻上チキさん、落合陽一さん、古市憲寿さんのやりとり

炎上中のやつだがまさに財政破綻厨でしかなかった https://t.co/LZcbSzQhj2 — 稲葉振一郎 (@shinichiroinaba) January 2, 2019 これ、雑誌バージョンと、少し文言変えてますね。 https://t.co/NIFMRlAFXZ — 荻上チキ (@torakare) January 2, 2019 朝日の文芸…

羽仁進の映画『彼女と彼』(1963年)について

主題歌「まだ生まれない子供」(「見えない子ども」)をたまたま聴いて良かったので、羽仁進の映画『彼女と彼』を再度観賞したらこれも良かった。 まえは物語より「ロケ地が百合丘団地」というところに注目し観ていたみたいだ。この頃の「団地映画」というジャ…

議論「日本における一般公衆の被曝限度規制の根拠 」

菊池誠さんと高嶌英弘さんを中心とした、日本における一般公衆の被曝限度規制の根拠についてのツイッター議論。togetterでいくつか(その1、その2、その3、その4、その5など)まとめができてますが、発端部など欠けているようでもあり、便乗してブログ…

ニセ科学批判の限界1.正しいと思って間違ったことを言ってる訳でもない人びと

以前、M・シャーマー「奇妙な現象をもっともらしくみせている25の嘘」というメモ記事を前書いた。「思いちがいのメカニズム」として疑似科学*1批判の大家シャーマーが挙げた25項目の虚偽や問題点の話で、ニセ科学批判の立脚点がよく分かる項目付けだと思う…

ホープ・フォー・アンハッピネス

「反原発運動をしている人たちの中には福島が不幸なほど良いと考えている人たちもいる」と主張する菊池さんについての検証 「物理学者、ゆるふわ左翼、テルミン弾き」の菊池誠さんがまた炎上したようだ。 カンナさんのツイート1とそれに続く菊池さん宛ての…

「ヘイトスピーチには敏感な人たちが福島差別をする」

2016/12/4 菊池誠さん講演「科学と民主主義を考える−ニセ科学・デマ問題を中心に−」 菊池さんの講演を部分的に聞き書きしました。別に殊更な悪口ではなく、単なる聞き書きですのでデマでもなんでもありません。タイトルのような発言や、「僕が考えるマズい問…

安保強行採決に抗議し、岸信介を非難する1961年の石原裕次郎

『映画の黄金時代――銀幕のスターたちは語る』は、キネマ旬報で1961年1月上旬号から12月下旬号まで連載してた山本恭子対談「おたずねします」より抜粋された対談をまとめたもの。第1回目は石原裕次郎で、公開中の『闘牛に賭ける男』を中心にした話となってい…

戦後民主主義は特急に乗って−獅子文六『七時間半』感想

(16年10月23日、訂正改稿) 獅子文六は、『てんやわんや』や『自由学校』などで大衆レベルの戦後民主主義思潮を描いた。大衆小説・大衆読み物の「お決まりの展開」を使いながらも、自己の戦中派の屈託を強くにじませながらも、凡百の読み物作家たちと異なり…

曾野綾子の野田聖子批判について――遠慮によって「共有地の悲劇」は回避できるか?

曾野綾子『人間にとって成熟とは何か』第6章・「権利」を使うのは当然と考えない アメリカで卵子の提供を受け高齢出産した野田聖子の発言に違和感を表明 以下同書より野田聖子批判の当たる部分を引用 「えっ?費用ですか。息子を授かる費用は夫が蓄えてきた…

関東大震災時における横浜での流言について(メモ)

○『横浜市震災誌』などより 1923-09-01 ・19時頃 根岸町相沢および山元町方面 朝鮮人約200名が来襲、放火・強姦・井戸投毒のおそれがある、との情報が寿警察署管内中村町及び相沢方面から伝わる ・未明 川崎 横浜市からの避難民によって朝鮮人による放火・強…

ときどき宣伝する放射線のほんとう

1.菊池☆誠さんの連続ツイート 時々宣伝しますが、今必要な放射線問題の基礎知識をやさしくまとめた「いちから聞きたい放射線のほんとう」、基礎知識にいまいち不安なかたはぜひ読んでみてください。甲状腺癌がこんな問題になるとは思わずに書いたけど、甲…

「NNNドキュメント/THE放射能」

「NNNドキュメント'163・11大震災シリーズ(71)THE 放射能 人間vs.放射線 科学はどこまで迫れるか?」 (3月14日) 個人的メモとして書き起こし(完全収録)。 こちらは内田さん作成のtogetterによる実況まとめ。 イントロダクション ナレーション(nona):…

教育再生実行会議での曾野綾子発言抜粋

曾野綾子さんがまたやらかしたようですね。 曽野綾子さん「保育園落ちた日本死ねは自己中」「4畳半一間で暮らせば奥さん働く必要ない」。曾野は、第2次安倍内閣における教育提言を行う私的諮問機関「教育再生実行会議」に有識者委員として参加している(平…

木村草太「同姓合憲」判決解説要旨

最高裁は選択的夫婦別姓に理解を示している・憲法学者の木村草太氏が「同姓合憲」判決を解説 上記動画の前半部を以下要約原告の主張: 1.氏名を変更されない自由の侵害である(憲法13条) 2.男女の区別が不平等である(憲法14条) 1、2とも憲法24条で…

2015年作成togetterまとめ

今年、togetterのまとめを割に作ったので、検索メモ用も兼ねてブログのほうにもまとめておきます。 なぜ音楽の表現を高見積もりしたり、低見積もりしたりするのかね? 元旦からまとめてました。サザン・オール・スターズの「ピースとハイライト」から、歌の…

業務連絡…

下書きをアップしてしまってたようで、いったん削除しました。しつれいしました。

「みかこさんが知ってるあの子のこと」

みすず12月号・ブレイディみかこ「子どもたちの階級闘争」 7.<ふぞろいのカボチャ>要約 英国の幼児教育のフレーム・ワークEYFS( early years foundation stage)は、7分野のカリキュラムを2歳と5歳のときアセスメントするので、保育士は日常的に、発育を…

わが盗用に悔いなし

唐沢俊一さんの原節子追悼ツイート引用 倉田文人監督『ノンちゃん雲に乗る』(1955) で、ノンちゃん(鰐淵晴子)のお母さん役をやっているのが原節子である。ポスターなどでは彼女が主役扱いだが、お母さん役にしては原節子は美人すぎてちょっと浮いて…

ツイッター上の酔漢・氏名失念

酔っぱらって気炎を上げることを、昔は「メートルを上げる」なんて表現しましたが、なんだか唐沢俊一さん、このところメートルを上げてるような、まぁ、なんていうか、無駄に絡んでブロックされてるといった塩梅。1.竹熊健太郎さんに対して 竹熊さん 11-24…

岡田斗司夫流「コミュニケーション下手のすすめ」

ヤンキー化する岡田斗司夫という話題もありましたが、『AERA』(15-11-16 No.50)に岡田斗司夫と原田曜平の「ライトオタクは商品の夢を見るのか?」というタイトルの対談が載っていた。最近のオタク、オタク第4世代はお金を使わない、コンテンツ=商品という…

1972年追想

前回の1972年クロニクルに当て込んで、自分でも1972年クロニクルじみたメモを作成した。まぁあれこれ足りないところはあるのだけれど、そこは個人の偏向ということで…*11月: ・東京ゴミ戦争、杉並区ゴミ処分場建設反対 ・横井庄一グアムで保護される ・高島…

1972/2015 ジャズ、ボサ・ノヴァ、自己否定、自己犠牲

唐沢俊一検証blogさんの10月15日の記事に『新潮45』9月号の内田樹と桐野夏生の対談の話が出てくる。1972年という年を舞台にした桐野の小説『抱く女』を中心にしたトークで、全共闘闘争が大きな運動として収束し始めた、坪内祐三の表現を流用すれば「はじまり…

武者小路実篤『お目出たき人』引用

たぶん山田風太郎の『人間臨終図巻』あたりからだろう、晩年の武者小路実篤は耄碌してリピート癖のつよい文章になったように評されるようになった。それは別に間違いとも言えないが、もともとその傾向は強かった、というかそれが売り(?)の作家だったよう…

曾野綾子さん、多国籍な集合住宅って日本にもうあるんですけど…

Yuukiさん Yuukiさんが呆れてるのは産経新聞のコラム「曾野綾子の透明な歳月の光 629.労働力不足と移民」。 このコラムについては、 NAVERまとめ 曽野綾子さんの産経新聞コラムがゲスすぎて大炎上 togetter ネトウヨもドン引き!曽野綾子が産経のコラムでア…

映画『狂った果実』における社会批判

前にツイッターで、石原慎太郎の処女作「灰色の教室」の中で戦争(敗戦)について言及していると思われる記述(≒世代的な屈託)を引用したことがあった。自分が通っている旧式な価値観の高校(湘南高校がモデル)への拒絶感を主人公が吐露したながれに続くも…

Dr.ステッペンウルフ氏のデモクラシー理論

別名呑んでる先生の白熱教室 1. 「やんちゃな甲状腺ガン」といった奇抜な医学解説で一部で人気を得ている玄妙さん。民主主義についての造詣も深いようで、先日もその奇抜さを発揮されていました。画像も込みのやりとりをお楽しみ下さい。 Prof.Nonnderu YA…

伊藤剛さんの早川マップ評価

ツイッターのTLに久々に伊藤剛さんの発言がRTされてた。藤本由香里さんとのやりとりの中で、伊藤さんが早川マップ評価をされており、なにか感慨深いものがあったので記録にとっておきます。(藤本さんとのやりとりの本題には辿りつけませんでした) 伊藤剛 …

カエデさんの『原発事故と科学的方法』ダメ出し

あるいは「客観的な立場を偽装して感情に訴える発言」 ツイッターにてカエデさんが牧野淳一郎著『原発事故と科学的方法』について言及していた。現在進行の読書と並行して批評、というかダメ出しされている。それについて著者牧野さんもツイートされ遣り取り…

2013年「玄妙論争」紹介

togetterまとめ甲状腺災害のコメント欄が花盛り。 玄妙さん(金沢在住のお医者さん)とiPatorioticmomさん(一介の主婦)のやりとりについて、すなわち去年の「玄妙論争」「玄妙仮説」について、記録されているtogetterまとめをブログでも紹介してメモに代え…